メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

電話番号:03-3685-2141

メールによるお問い合わせ

ホーム>ボイラーデー 11月8日>ボイラーデー

ボイラーデー

我が国では、古くから11月8日を「ボイラーデー」と定め、ボイラーに対する感謝の念を深めるとともに、安全操業の誓いを新たにするということが行なわれてきました。

由来は、ふいごを用いる刀鍛冶などの間で、毎年11月8日になると鍛冶場を清掃し、火の神に感謝する習わしがあった。火への感謝はやがてボイラーをいたわる気持ちにつながり、昭和11年のときに、当時の汽缶協会が11月8日を汽缶祭と定め、過去1年間の実績を反省するとともに新しい出発点とすることにしました。

このようにして、汽缶祭は次第に年間の主要行事として産業界に定着していき、汽缶がボイラーと呼ばれるようになってから、汽缶祭はボイラーデーと名称を変えたが、それと同時に、お祭り的な行事からボイラー関係設備や操業方法の改善をはかろうという実質的な運動に移行していきました。

ボイラーの安全対策は、年ごとに向上してボイラー災害の減少を見ていますが、自動制御装置の故障等による低水位事故・ガス爆発事故、地球温暖化問題、大気汚染防止対策、省エネルギー問題等、ボイラーデーを機会にボイラーを巡るこうした状況について認識を深めるとともに、ボイラー関係設備と管理の改善、作業手順の整備等によりボイラー管理について一層の充実を図っていただきたいものです。

2016年 ボイラーデーポスターへ