メニューにジャンプ コンテンツにジャンプ

電話番号:03-3685-2141

メールによるお問い合わせ

ホーム>検査・検定>性能検査>特定機械等>クレーン・デリック

クレーン・デリック

クレーンの性能検査は、クレーンの各部分の構造及び機能について検査を行うほか、荷重試験を行います。
荷重試験は、クレーンに定格荷重に相当する荷重の荷をつって、つり上げ、走行、旋回、トロリの横行等の作動を定格速度により行います。

デリックの性能検査は、デリックの各部分の構造及び機能について検査を行うほか、荷重試験を行います。
荷重試験は、デリックに定格荷重に相当する荷重の荷をつって、つり上げ、旋回及びブームの起伏の作動を定格速度により行います。

  1. 性能検査を受けるときは、当該検査を受けるクレーンについて清掃及び整備を行うほか、荷重試験のための荷及び玉掛用具を準備して下さい。
  2. 検査証、定期自主検査の記録(過去3年間分)、設置届等関係書類等を用意するとともに、検査当日に運転する者はクレーン運転士免許証又はデリック運転士免許証等、玉掛作業を行う者は玉掛技能講習修了証を携帯して下さい。
  3. 運転試験における走行、旋回、トロリの横行等の作動範囲の整理整頓を行う等、予め検査を行う場所及びその周辺について検査が安全にできるような措置を講じて下さい。
  4. 電気部分の検査及び感電のおそれがある箇所へ立ち入る場合は、電源を遮断するとともに、検査中は開路した電路が不意に閉路されないような措置を講じて下さい。
  5. 詳しいことは、性能検査の実施前に打ち合わせを行ないます。

※ その他の性能検査に関する事項